認定日は求職活動になる?行ったついでに職業相談で実績1回

認定日の失業認定そのものは求職活動になりません。認定日に職業相談などの求職活動をすると、次回分の求職活動になります。

求職活動を1回しかやってないから、認定日に早めにハローワークに行って職業相談すれば間に合うのではないか。と考えがちですが、すでに間に合っていません。

なぜなら認定日に日付が変わった時点で次回の認定対象期間に入るからです。つまり、認定日に申告する求職活動は、認定日の前日までに済ませておかなければなりません。

もし、手早く求職活動するなら転職サイトで求人応募する方法が良いでしょう。2社に応募すれば一気に2回分の求職活動になります。

ハローワーク職業相談の内容は?何を聞く?すぐ終わる質問例

認定日は求職活動になるか

  • 認定日の失業認定そのものは求職活動に含まれない。
  • 認定日の求職活動は、その日の失業認定では申告できない。
  • 認定日の求職活動は次回の認定分の求職活動になる。

失業認定は求職活動ではありません。求職活動を申告して失業認定してもらう日です。

認定日に行った求職活動は、次回の失業認定の求職活動になります。これは認定対象期間が認定日から認定日前日までと規定されているためです。

「認定日に早めにハローワークに行って、職業相談して今回の失業認定に間に合わせよう」と思っても、その職業相談は次回分の求職活動として扱われます。

つまり、日付が変わって認定日になった時点で、すでに次回の認定対象期間に入っているというわけです。

認定対象期間の理解

認定日の求職活動は次回の認定対象期間の活動になることを示す画像

認定対象期間とは、失業の状態にあったことを認定してもらう期間のことです。認定日から認定日前日までが失業認定の対象となります。

たとえば失業認定2回目の場合、その前日までが2回目分の認定対象期間です。2回目の失業認定日に日付が変わった時点で3回目の認定対象期間に入っていることになります。

認定日に職業相談したら

認定日に職業相談したら、その相談は次回分の求職活動として扱われます。早めにハローワークに行って認定の前に職業相談したとしても、次回分の求職活動です。

ハローワークによっては、「認定に来たついでに職業相談をして帰ってくださいね。」と案内してくれるところもあります。認定日に求職活動1回を済ませてしまえば、残り1回になって楽ですよ。ということです。

さっさとやった方があとあと楽かも

認定日に職業相談しない場合

認定日に職業相談しない場合は、次回の認定日までに2回の求職活動をする必要があります。

別の日にあらためて職業相談しに行ってもよいのですが、転職サイトを利用して求職活動することもできます。

認定日に間に合う求職活動

もうすぐ失業認定というときに使える認定日に間に合う求職活動を知っておくと便利です。

  • ハローワークで職業相談する方法:ハローワークに行くことさえできれば、その日のうちに相談して求職活動できる。
  • 転職サイトで求人に応募する方法:転職サイトで入力作成した履歴書を使い回して2社に応募すれば、2回分の求職活動ができる。
  • 転職サイトでセミナーを受講する方法:転職サイトが頻繁に実施するセミナーは受講しやすく、申込みから数日のうちに求職活動できる。

もっとも手早くできる求職活動は転職サイトでの求人応募です。もし求職活動なしの状態だったとしても、2回の求職活動を一気に済ませることができます。

まとめ

  • 認定日の失業認定そのものは求職活動に含まれない。
  • 認定日に行った求職活動は、次回の失業認定の求職活動になる。これは認定対象期間が認定日から認定日前日までと規定されているため。
  • 早めにハローワークに行って認定の前に職業相談したとしても、次回分の求職活動。
  • ハローワークによっては、「認定に来たついでに職業相談をして帰ってくださいね。」と案内してくれるところもある。
  • 認定日に職業相談しない場合は、次回の認定日までに2回の求職活動をする必要がある。
  • 認定日に間に合う求職活動を知っておくと便利。もっとも手早くできる求職活動の方法は転職サイトで求人に応募する方法

認定日も求職活動に含まれる?

認定日の失業認定そのものは求職活動ではないので、求職活動には含まれません。

認定日の職業相談はどんな内容?

認定日の職業相談も、普段の職業相談も、基本的には同じ内容です。相談員と求職について話をします。求人数が少ない地域では、相談員がいくつか求人票を出してくれるハローワークもあります。