オンラインセミナーで求職活動実績【受講証明なくてもよい】

雇用保険の受給が決まると、毎月2回の求職活動に悩まされるものです。失業給付に必要な求職活動実績は、民間の職業紹介事業者(転職支援サービスなど)が行うオンラインセミナー(Webセミナー)を受講しても実績になります。

申込みの時点では実績にはなりません。セミナーを受講したことが実績となり、1回のセミナー受講が求職活動実績1回分です。

求職活動実績は原則的に自己申告ですので、オンラインセミナーの受講ではとくに受講証明等は必要ありません。失業認定申告書に記入して申告します。

オンラインセミナーを実施している転職サイト

  • マイナビジョブ20's :首都圏・東海・関西で就職を探している20代限定。平日随時開催のセミナーもある。
  • doda :地域や年齢の制限はない。
ブックマーク!求職活動実績の作り方【失業保険の認定クリア】

求職活動実績になるセミナー

(2) ハローワークが実施するもの(ワークプラザなどを含みます。)
求職申込み、職業相談、職業紹介等(その他、職業講習会、求職支援セミナー…)

(3) 許可・届出のある職業紹介事業者、労働者派遣事業者が実施するもの
求職申込み、職業相談、職業紹介、求職活動方法等を指導するセミナー

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

セミナーの受講が求職活動実績になることをハローワークも説明しないし、失業認定申告書にも記述が無いので知らない人が多いかもしれません。

セミナーの受講が求職活動実績になることは、ハローワークのHPや『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれています。

1回のセミナーの受講が求職活動実績1回分になります。

ハローワーク
セミナー
転職サイト
セミナー
主催 ハローワークが実施 doda マイナビジョブ20's などが実施
利用料 無料 無料
特徴 申込みから受講まで数週間かかる。開催頻度が少なめ。都市部では応募者が殺到するため受講しにくい。 申込みの当日~数日後に受講可能。随時開催しているため申込みやすく、オンラインで受講できる。

急ぐなら転職サイトのセミナーが良さそう

ハローワークはオンラインセミナーなし

ハローワークは、求職者支援セミナーを定期的に実施しています。

ただ、残念ながらハローワークのセミナーはオンラインでは実施していません。

実施しているのはほとんどが都市部のハローワークであり、開催頻度も少ないため申し込みが殺到してすぐに定員が埋まってしまいます。

民間職業紹介事業者(転職エージェントなど)が行うオンラインセミナーを受講する方が効率です。

オンラインセミナー受講の流れ

  1. オンラインセミナーを実施している転職サイトに登録する。
  2. セミナーのスケジュールから選んで、申し込む。
  3. セミナーの開催日に受講する。(←この時点で実績)
  4. 失業認定申告書の3-(1)求職活動欄に記入する。

ハローワークからセミナー受講の証拠を求められた場合には、受講したセミナーのスケジュール、またはマイページに履歴があればそれをプリントして証明することになります。

セミナーを実施している転職サイト

  • マイナビジョブ20's :首都圏・東海・関西で就職を探している20代限定。平日随時開催のセミナーもある。
  • doda :地域や年齢の制限はない。

マイナビジョブ20’sのオンラインセミナー

マイナビジョブ20'sのセミナースケジュールの画像

出典: マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは、首都圏・東海・関西で就職希望の20代限定の転職サイトです。利用者は限定されますが、そのぶん的確なサービス・サポートを受けられるメリットがあります。

第二新卒・未経験業種への転職に強いです。

マイナビジョブ20's のセミナーを受講できるのは、首都圏・東海・関西の20代の特権です。

実施中のセミナー

  • 初めて転職する方に向けたセミナー
  • 職種別セミナー(営業職・事務職・エンジニアなど)
  • 既卒・第二新卒のためのセミナー
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイスセミナー
マイナビジョブ20'sに登録してセミナー情報を見る

dodaの転職セミナー

出典: doda

dodaは、全国展開している転職サイトで、求人サイトと転職エージェントが合体した総合転職サービスです。

業界・業種経験者の転職への転職に強いです。

doda は全国各県に拠点を持つため、誰でも利用できるのが便利です。

実施中のセミナー

  • 面接力アップ(自己PR・志望動機・採用者視点)セミナー
  • 面接突破トレーニング
  • 業界別セミナー(IT・物流など)
  • 履歴書・職務経歴書セミナー
dodaに登録してセミナー情報を見る

失業認定申告書の記入

オンラインセミナーによる求職活動実績を失業認定申告書に記入する例を示す画像

ア 求職活動をした

  • 求職活動の方法:(イ)職業紹介事業者による職業相談、職業紹介等
  • 活動日:オンラインセミナーを受講した日付
  • 利用した機関の名称:転職サイトの名称
  • 求職活動の内容:オンラインセミナーの名称

オンラインセミナーの受講証明は不要

求職活動実績は原則的に自己申告です。オンラインセミナーの受講では、とくに受講した証明等は必要ありません。

もしハローワークから本当に受講したかどうか疑われた場合は、受講したセミナーのスケジュール、またはマイページに履歴があればそれをプリントして受講を証明することになります。

doda の場合は、セミナ受講後に証明書を要請すれば、1週間程度で証明書がメールで送られてきます。

ちゃんと受講している場合は証明書がなくても問題ありません。

まとめ

  • 失業保険の受給に必要な求職活動実績は、民間の職業紹介事業者(転職支援サービスなど)が行うセミナーを受講しても実績になる。
  • 求職活動実績は原則的に自己申告。オンラインセミナーの受講では、とくに受講した証明等は必要ない。
  • マイナビジョブ20's :首都圏・東海・関西で就職を探している20代限定。平日随時開催のセミナーもある。
  • doda :地域や年齢の制限はない。