ハローワーク職業相談のみで求職活動実績作り【早く終わる方法】

失業保険(雇用保険)の受給に必要な求職活動実績は、ハローワークで職業相談することでも実績になります。

ハローワークで職業相談すると、1回の相談が求職活動実績1回分になります。ただし、1日に何度相談してもその日は1回分としてカウントされます。

もし、職業相談のみで求職活動する場合は、別な日に相談して2回分の求職活動実績にすると良いでしょう。

もし、職業相談のみで求職活動できない場合は、転職サイトで求人に応募する方法か、転職サイトのセミナーを受講する方法で実績をつくるのが簡便です。

ブックマーク!求職活動実績の作り方【失業保険の認定クリア】

職業相談のみ2回でも実績

ハローワークで職業相談すると、1回の相談が求職活動実績1回分になります。求職活動実績作りは職業相談のみ2回でも大丈夫です。その場合は、失業認定申告書に2回分の職業相談を記入して申告します。

1日のうちで職業相談が実績になるのは1回だけです。これは「相談」という行為を分けて考えることができないためです。

あのー、さっきとは別の相談なんですけど

相談は相談です!さっきの続きでしょ?

職業相談のみで求職活動実績2回分を作るときは、別な日にもう一度ハローワークで職業相談することになります。

もし、失業認定に通っているハローワークが遠い場合は、自宅から近いハローワークで職業相談しても構いません。隣町のハローワーク(またはハローワーク関連施設)が近い場合はそちらで職業相談して実績作りすると良いでしょう。

一連の活動は1回の求職活動

書類選考、筆記試験、採用面接等が1つの求人にかかる一連の選考過程である場合には、そのいずれまでを受けたかにかかわらず、1回の応募として取り扱います。

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

1つの求人に対する紹介→応募→選考→面接の連続した求職活動は、1つの求職活動実績としてみなされます。

紹介を受けて1回。面接を受けて1回。とはならないことに注意が必要です。これは、職業相談だけでなく求人に応募する場合も同じです。

たとえば紹介→面接は1回の求職活動です。

職業相談からの紹介は2回の実績

一連の活動だが、2回以上の求職活動実績とみなす場合

(1) 職業相談に引き続き職業紹介を受けた場合

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

ハローワークで職業相談して、そのあとに紹介を受けたときは2回の求職活動実績になります。こういう場合は、相談員が「2回の求職活動になりましたね。」と声をかけてくれたりします。

雇用保険受給資格者証にスタンプが2つ押してあれば2回の求職活動実績の証拠になります。もし職業相談から紹介してもらったときに、それが実績2回分なのかどうか分からなければ、遠慮せずに相談員に確認してみると良いでしょう。

職業相談からの紹介が実績2回分とは知らなかった

ハローワーク職業相談の仕方

  1. ハローワークの受付で職業相談を申し込む。
  2. 職業相談の窓口に行って、相談員に相談する。(←この時点で実績)
  3. 失業認定申告書の3-(1)求職活動欄に記入する。

ハローワークの職業相談は、相談の終わりにスタンプをもらえます。押してもらえる雰囲気が無いときは「スタンプをお願いします。」と言って構いません。

職業相談のなかで仕事を紹介してもらう流れになると、紹介を断りにくくなり、相談時間が長くなります。求職活動実績が目的の場合は、紹介されないように話を進めるのがコツです。

ハローワークの相談員は、求職者が求職活動実績を目当てに職業相談しにきていることを当然理解しています。「実績目的で相談してると思われないか」という心配はいりません。

職業相談で相談できること

  • 自分に合う仕事・適職について相談する
  • 仕事の紹介をお願いする
  • 履歴書・職務経歴書をチェックしてもらう
  • 求人票の応募状況を教えてもらう

ハローワークの職業相談で相談できることは、求職・就職に関することならなんでも大丈夫です。

仕事の紹介をしてもらって面接まですれば実績。と思っている方もいるかもしれませんが、じつは職業相談窓口で相談した時点で実績になります。失業認定申告書3-(1)求職活動欄に「職業相談」と記入して申告できます。

自分に合う仕事がわからないので適職について相談したい。職業紹介してもらった会社に出す職務経歴書をチェックしてもらいたい。というような相談でも応じてもらえます。

職業相談はハローワークにかぎりません。失業認定申告書3-(1)(イ)に記載されているとおり、職業紹介事業者との相談(希望条件などの話し合い)も職業相談になります。

職業相談をすぐ終わらせる方法

  1. ハローワークのパソコンで求人票をプリントする。
  2. ハローワークの受付で職業相談を申し込む。
  3. 職業相談の窓口に行って、相談員と求人について相談する。
  4. 失業認定申告書の3-(1)求職活動欄に記入する。

職業相談が手早く終わる方法があります。それは、求人票について聞くことです。

求人票に、現在どのくらいの人が応募しているのか。というのは気になるところです。実は、相談員はハローワークで扱っている求人票の応募人数を端末(パソコン)で見ることができます。

応募人数について聞くのが、もっとも手軽で手早く相談を終えることができます。

気になる求人票があって…応募倍率を知りたいんです。

いま調べて見てみますね。えーと3人の応募者がいます。

ありがとうございます。家でちょっと検討してみます。

「家で検討してみます。」という話の流れで、相談を終えることができます。

雇用保険受給資格者証にスタンプを押してもらうのを忘れずに。

失業認定申告書の記入

ハローワーク職業相談のみでの求職活動実績を失業認定申告書に記入する例を示す画像

ア 求職活動をした

  • 求職活動の方法:(ア)公共職業安定所…による職業相談、職業紹介等
  • 活動日:職業相談をした日付
  • 利用した機関の名称:利用したハローワークの名称
  • 求職活動の内容:紹介された状況、求職活動の進展など

まとめ

  • ハローワークで職業相談すると、1回の相談が求職活動実績1回分になる。
  • 実績作りは職業相談のみでもよい。失業認定申告書に2回分の職業相談を記入して申告する。1日のうちで職業相談が実績になるのは1回だけ。
  • 1つの求人に対する紹介→応募→選考→面接の連続した求職活動は、1つの求職活動実績としてみなされる。
  • ハローワークで職業相談して、そのあとに紹介を受けたときは2回の求職活動実績になる。
  • ハローワークの職業相談で相談できることは、求職・就職に関することならなんでも大丈夫。
  • 職業相談が手早く終わる方法は、求人票について聞くこと。応募人数について聞くのが、もっとも手軽で手早く相談を終えることができる。
  • もし、職業相談のみで求職活動できない場合は、転職サイトで求人に応募する方法か、転職サイトのセミナーを受講する方法で実績をつくるのが簡便

ハローワークの職業相談は予約が必要ですか?

職業相談は予約不要です。ハローワークに行って受付で申し込めば、よほど混んでいないかぎりその日のうちに相談できます。

ハローワークの職業相談は何分?

通常は30分程度はかかるとみておいたほうが良いでしょう。相談員さんが親身な方で、いろいろと求人を見てくれて紹介する話の流れになれば、1時間くらいかかることもあります。

職業相談を1分で終わらせる方法は?

職業相談を手早く相談を終わらせたいときは、求人票の応募人数を聞くのがもっとも手軽でした。1分ってわけにはいきませんが、応募人数を教えてもらったら「わかりました。家で検討してみます。」という流れで5分程度で終わらせることができます。

ハローワークの職業相談はどんな感じ?

ハローワークの職業相談は、窓口で相談員さんと1対1で相談するかたちです。相談は、求職・就職に関することなら何でも構いません。相談の終わりに雇用保険受給資格者証にスタンプを押してもらえます。